現代版お見合いについて考える。

6月15日 15:54
現代版お見合いについて考える。

さて、今回は「お見合い」について考えてみようと思います。

江戸時代ならばともかく・・・21世紀の現代において、結婚は親や親戚に強いられてするものではないですよね。

つまり「自由恋愛結婚」が主流。
もっと言えば「結婚自由競争主義」が主流なのです!!

昔のようにどこかの「世話焼きおばさん」がお見合い写真を持ってきてお見合いを勧めるなんてことは、ほとんど皆無。
少なくても、私はドラマの世界以外で見たことがありません。。。

ビックリデータとしては、昭和初期は約7割がお見合い結婚だったとのデータがあります。
現代においては考えられない数値です。ちなみに現代においては、約9割が恋愛結婚となっています。

つまり現代の結婚事情とは、もし出会いがなかったり積極的に恋愛をしなければ、ほとんど結婚できないというものなのです。

そんな時代だからこそ?

仕事が忙しかったり、逆に何度かの恋愛でチャンスを逃してしまった場合、ふと気が付くと35歳以上になってしまっていることだってあるかもしれません。

では結婚をあきらめるのかというと(結婚したくない人は別にして)、それは早計であり、結婚をしたい方は積極的にお相手探しをするべきだと思います。

という事で、ではどうすれば???
に戻ってしまうと思うのですが。。。

そうです。現代においても、お見合いでチャンスを見つけてもいいのでは??
という観点において記事を書いてみようと思った訳です。

意味不明な憧れとして、上司や近所のおせっかいおばさんが「はいこれ。素敵な方よ♪」ってな具合に写真スタジオで撮影した大きな写真をさしだされる!!こんな機会に遭遇してみたい気はしますが。。。既に書いたように現代においては、このような機会は少ないでしょう。

つまり、自分自身で行動を起こすことでチャンス(機会)を作る必要があるという事になります。

現代において、お見合いに興味があれば、やはり結婚相談所や結婚マッチングサイトなどに登録するのが、手っ取り早いでしょう。
登録すると、あなたに合った素敵な相手を紹介され、お見合い?することになるのです。

現代らしく、相談所に行くのがはずかいい(汗)そんな方もPCから簡単登録できる相談所も沢山あるので、
試してみるのも良いのでは???

ちなみに、初婚同士が出会ってから、結婚するまでの平均期間は4年というデータがあります。
仮に30歳から付き合い出したら、結婚は34歳。36歳から付き合いだせば結婚は40歳という計算になります。

ただし、お見合い(結婚マッチングサイト等含む)においては、お互いが結婚をしたがっているという違いがあります。

恋愛の場合は交際をしていても、相手に結婚の意志があるのかどうか気持ちが分からないケースが多々あります。
どちらかが結婚を望んでいても、相手に結婚願望が無く、まだ落ち着きたくない!と考えているカップルの場合、お互いの考えに相違が生じます。つまり婚期がどんどん遅くなる訳です。

その点、お見合いでは結婚を前提にした交際ができるというメリットがります!

お互いの結婚に対しての意識が、出逢った当初から一致しているのです。
結婚を前提に考えた出会いをしているので、お互いを気に入り意気投合すればゴールインも早いのでしょう。
実際に結婚相談所においては、出会ってから結婚するまでの期間が1年未満の方が非常に多いようです♪

ここまで読んでみて、いかがでしょうか??

お見合いも悪くないのでは???

少なくても自由恋愛を求め、座して待っているよりは、良いと感じます。
是非、参考にしてみてくださいね。

ちなみに、お見合いにおいては紹介者という第三者立場の方が存在し、助言や後押しをしてもらえるという事で前向きな気持ちに変わることもあるようです♪

この記事を読んだ人があわせて読んでいる記事

fb FacebookでシェアtwitterTwitterでつぶやくgoogle+google+で共有
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6月15日 15:54

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

独身.jpをフォローしよう♪



Twitter


アンケート


相手の性器は大きい方が良いですか?

結果を見てみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

アクセスカウンター

  • 16今日の訪問者数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 24昨日の訪問者数:
  • 27昨日の閲覧数:
ページ上部へ戻る